環境教育による教科横断型カリキュラム開発配信事業

宮教大
EEC

 

概要

学校教育における環境教育の重要性は国際的にも明らかです。しかし、日本において環境教育は、教科間での有機的なつながりがなく、関連教科の十分な基礎の上に実施されていないのが現状です。そのため、学校現場で実行/実効性を持った環境教育として教科横断型の教材開発と実践プログラムの作成は緊急の課題となっています。

そこで、本事業では、遠隔地も含めた広域の学校へ、実践プログラム・教材・人的支援を提供できる総合支援システム「環境教育(EE)テクノコア "えるふぇ"」(以下 えるふぇ とする)を創設し、環境教育に必要な基礎教材・資材をオン・デマンドで全国の幼小中学校に配信します。具体的には、「学校教育における教科横断型環境教育カリキュラムの開発」、「環境教育教材の評価手法の開発・評価」を進めながら、新時代に対応した「EEテクノコアの運用(=教材の配信事業)」等を行うことによって、地域および学校における環境教育の充実に貢献します。


事業の概要図


概念図
概念図

計画

平成17年度

  • カリキュラムに呼応するプログラム、教材群開発
  • EE情報支援システムの立ち上げ
  • コンテンツの蓄積

平成18年度

  • カリキュラムに呼応するプログラム、教材群開発(前年度からの継続)
  • 協力校・協力施設でのプログラム試験
  • コンテンツの蓄積(前年度からの継続)
  • テクノコアー運用試験

平成19年度

  • 協力校・協力施設でのプログラム試験(前年度からの継続)
  • コンテンツの蓄積(前年度からの継続)
  • テクノコアー運用試験
  • 教科横断型EEの再検討