« 平成15年度景観サポーター活動報告書 | メイン | 愛知教育大学ブックレット 環境教育の展開と実践4 ログハウスを作ろう 【第2版】 »

動物園・水族館と環境教育 Vol.2 動物園・水族館が野生動物保全のためにできること

内容表示あり

発行日: 2002.5.10
分類: 環境関連冊子(行政・法人・NPO・NGO等発行) > NPO/NGO/非営利団体等発行


種類: 書籍
対象年齢: 大学生/教員/一般向け
キーワード: 環境保全活動
概要:
動物園・水族館と環境教育に関心を寄せる者たちの論考。

ページ: 96 ;

登録日: 2006/7/31

目次

  はじめに  (陸 斉 Vol.2編集長)
 I.主 張  p.1
   高橋宏之(千葉市動物公園)
    動物園の運営と市民活動〜富山市ファミリーパークの事例を中心に〜
   松本朱実(動物教材研究所 pocket)
    市民と協同した環境教育の推進に向けて
   並木美砂子(千葉市動物公園)
    「学校との連携」を考えるひとつの視点−連携の目的は何か?−
   中嶋清徳(名古屋港水族館)
    教育セクションで活かす環境教育の考え方
   大島律子(中京大学通信制大学院情報科学研究科)
    学びの共同体としての動物園・水族館のあり方
   陸  斉(長野県自然保護研究所)
    「現代の動物園論」序説〜動物園が環境教育施設になるためには〜
II.議 論  p.31
   日本環境教育学会 第12回大会 自由集会
    「動物園・水族館での環境教育の可能性を考える(2)
             〜野生動物保全のためにできること〜」
    □ 当日の記録    (2001年8月19日/九州国際大学)
    □ 自由集会の反省会 (2001年9月 7日/名古屋港水族館)
III.メーリングリスト 〜議論の軌跡〜  p.53
   第1章 野生生物保全と環境教育(一般論)
   第2章 動物園での環境教育
   第3章 動物園教育一般と組織
   第4章 市民との連携・ボランティア:動物園を改善するために
   第5章 学校と動物園の連携
IV.資 料  p.89
   メーリングリスト参加者名簿
   その他、活動・発表記録などのリスト

>> 内容を見る

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/12737

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能