« 新・化学物質による環境汚染を考える | メイン | 酸性雨を考える »

野生生物の国際取引(ワシントン条約)を考える

著者名: (財)日本環境協会
分類: パンフレット(有料)


種類: パンフレット
対象年齢: 小学校中学年/小学校高学年/中学生/高校生/大学生/教員/一般向け
キーワード: 環境保全活動/自然環境


登録日: 2006/4/3
機関名: (財)日本環境協会

目次

はじめに
野生生物と人間とのかかわりあい
 ・自然界のバランス維持  2
 ・生物資源・遺伝子資源  2
 ・科学、文化、教育、レクリエーション  3
ワシントン条約
(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)
 ・野生生物保護と国際協力  6
 ・条約制定の経緯  8
 ・条約の内容  8
 ・輸出入が規制される野生生物  10
 ・野生生物の輸入大国 日本  14
 ・留保の制度と日本の責務  14
私たちに何ができるか
 ・身近なところにも野生生物が  18
 ・海外でお土産を買う前に  18
 ・日本国内でも野生生物の取り引きにはこんな規制が  19
むすび

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/12641

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能