« 環境にやさしい経済を考える | メイン | 環境を守る市民団体を考える »

絶滅のおそれのある種の保存を考える

著者名: (財)日本環境協会
分類: パンフレット(有料)


種類: パンフレット
対象年齢: 小学校中学年/小学校高学年/中学生/高校生/大学生/教員/一般向け
キーワード: 環境保全活動/自然環境


登録日: 2006/4/3
機関名: (財)日本環境協会

目次

はじめに
野生生物と私たち  2
野生生物の種の減少  4
圧迫された種の事例  8
 ・リョコウバト  8
 ・ニホンオオカミ、エゾオオカミ  9
 ・トキ  10
種の保存のための取り組み  11
 ・国内希少野生動植物種  12
 ・国際希少野生動植物種  13
保護増殖への取り組み  14
 ・アホウドリ  14
 ・シマフクロウ  15
 ・ムニンノボタン  16
種の保存のための国際協力  17
おわりに  20

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/12647

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能