« 生物多様性の保全を考える | メイン | 地下水汚染を考える »

化学物質の環境リスクを考える

著者名: (財)日本環境協会
分類: パンフレット(有料)


種類: パンフレット
対象年齢: 小学校中学年/小学校高学年/中学生/高校生/大学生/教員/一般向け
キーワード: 公害・都市環境・衛生/衣食住とリスク


登録日: 2006/4/3
機関名: (財)日本環境協会

目次

はじめに
化学物質と私たちのくらし  2
化学物質の環境リスク  4
 ・環境リスクとは?  4
 ・化学物質による最近の環境問題  4
 ・化学物質の環境リスクへの対応  4
化学物質によるさまざまな環境汚染  6
 ・分解しにくく生物の体内に蓄積する化学物質(PCB)  6
 ・さまざまな経路の汚染が問題になる化学物質
                (有機塩素系溶剤)  8
 ・気づかないところで生成される化学物質
                (ダイオキシン)  9
 ・人の健康だけでなく生態系にも影響がある化学物質
                (有機スズ化合物)  11
環境調査と化学物質の規制  12
 ・化学物質の環境調査  12
 ・化学物質の規制  14
化学物質の環境リスク対策の展開  15
 ・国際的な環境リスク対策  15
 ・日本の環境基本計画  15
 ・環境リスクの科学的な評価  15
 ・環境リスクの新たな管理手法(PRTR)  16
 ・PRTRの今後の動向  17
 ・各方面の環境リスク対策への取り組み  17
おわりに

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/12655

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能