« 西宮の環境 2004 | メイン | 平成17年度版事業概要 廃棄物の抑制・再利用と適正処理 »

ひとり一人が出す、自分のごみに責任を持つ<戸別収集・家庭ごみの有料化実施の記録>

内容表示あり

著者名: 武蔵野市役所 環境生活部ごみ総合対策課
発行日: 2005.3
分類: 地方行政関係機関報告書等


種類: 冊子
対象年齢: 一般向け
キーワード: 公害・都市環境・衛生/ゴミ・リサイクル
概要:
武蔵野市において、平成16年10月より実施している家庭ごみ有料化及び市内全域での戸別収集への取り組み準備の記録と実施後5ヶ月の結果をまとめた資料です。

: 日本 ; ページ: 171 ;

登録日: 2006/2/27
機関名: 武蔵野市役所
担当部署: 環境生活部ごみ総合対策課
電話番号: 0422-60-1802
FAX: 0422-51-9950
E-mail: sec-gomitaisaku◎city.musashino.lg.jp (◎の部分を@に変更してメールして下さい)

目次

 平成13年4月〜16年12月 ごみ対、クリーンセンターの動き  1
I  戸別収集と定数適正化計画
  1.調査指導係の新設・拡充による事業所指導強化  7
  2.狭隘道路の「ごみ出し不便」解消  8
  3.市民の安心・安全をサポート「ふれあい訪問特別収集」  9
  4.吉祥寺駅前商業地域の毎日収集の廃止  10
  5.ステーション収集から戸別収集への移行  11
II 家庭ごみの有料化  武蔵野市13万市民・ごみ減量キャンペーン
  1.有料化の背景  17
   (1)ごみの現状
   (2)市長会からの政策提言
   (3)第三期武蔵野市廃棄物に関する市民会議での審議
    ,瓦濟毀渦餤弔涼罎任痢峅板蹐瓦澆陵料化」
    △瓦濬萢基本計画調整計画での位置付け(排出者責任の明確化)
  2.10・15市報への取り組み  市民へどのように伝えるか?  18
   (1)「ひとり一人が出す、自分のごみに責任を持つ」
   (2)「これしか出せないの!?ごみ袋」全戸配布
  3.市長と語る会〜市民懇談会の開催  19
  4.市民意識調査の実施  23
   (1)業者の選定
   (2)調査の実施
   (3)調査の結果
  5.有料化の具体化  24
   (1)家庭ごみ有料化庁内プロジェクト
   (2)先行都市視察
   (3)家庭ごみ有料化減免、措置検討委員会及び検討プロジェクトの設置
   (4)手法、手数料
   (5)有料ごみ袋の選定〜製作
   (6)条例改正、議会への報告
   (7)取扱店への取り組み
  6.ACTIONの改訂と分別区分の変更  29
   (1)ACTIONの改訂
   (2)分別区分の変更
  7.広報  30
   (1)市民に対するさまざまな周知
    〇塋鶚▲船薀鍬ごみ便利帳・雑紙袋ぅ院璽屮襯謄譽咾糧崛蛤鄒
    FMむさしのΕ曄璽爛據璽検専用ホームページ立ち上げ
    Г里椶蝓⊆嶌榾襦横断幕
   (2)市民説明会の開催
  8.10月1日施行後〜  36
資料編
・市長会 政策提言  41
・武蔵野市廃棄物に関する市民会議・有料化審議報告  57
・行政報告資料  65
・市民説明会・概要、パワーポイント、説明資料  115
・市報  153
・新聞報道  169

>> 内容を見る

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/11911

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能