« Winter-flooded Rice Fields | メイン | The Tajiri Ecotourism A delightful opportunity to enjoy Kabukuri-numa and wild geese »

温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度について

内容表示あり

著者名: 環境省・経済産業省(お問い合わせ先は、パンフレットP. 7をご参照ください。)
発行日: 2007.4
分類: パンフレット(無料) > 国関係 > 環境省


種類: パンフレット
対象年齢: 大学生/教員/一般向け
キーワード: 地球規模の環境問題/ゴミ・リサイクル/産業・開発・エネルギー
概要:
改正された地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき、平成18年4月1日から、温室効果ガスを多量に排出する者(特定排出者)に、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、報告することが義務づけられました。また、国は報告された情報を集計し、公表することとされています。

: 日本 ;

登録日: 2006/9/28
機関名: 環境省・経済産業省(お問い合わせ先は、パンフレットP. 7をご参照ください。)
ホームページ: http://www.env.go.jp/earth/ghg-santeikohyo/material/

>> 内容を見る

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/14051

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能