« グローバル化する食卓 あぶない野菜 | メイン | ペットボトルの水 »

水は誰のものか

著者名: (特活)アジア太平洋資料センター(PARC) オーディオビジュアル
発行日: 2005
分類: ビデオ・CD・DVD > DVD


種類: DVD
対象年齢: 中学生/高校生/大学生/教員/一般向け
キーワード: 環境全般/地球規模の環境問題/公害・都市環境・衛生/自然環境/衣食住とリスク/産業・開発・エネルギー
概要:
地球上のすべての生き物に必要不可欠な水。しかし人類が利用可能な淡水は地球上の水のわずか0.01パーセント。水道事業の民営化に直面するマニラやジャカルタ、わずか200リットルの水で1週間をしのぐ中国農村の家族、企業による水のくみ上げに立ち上がったインドの人びとを取材。農産物や工業製品を輸入することで、間接的に水を大量に輸入する日本を振り返りながら、すべての人が生きていくための権利としての水、「公共財」としての水のあり方を考える。

: 日本 ;

登録日: 2008/5/1
機関名: (特活)アジア太平洋資料センター(PARC)
担当部署: オーディオビジュアル
住所: 東京都千代田区神田淡路町1-7-1東洋ビル3F
電話番号: 03-5209-3455
FAX: 03-5209-3453
E-mail: office◎parc-jp.org (◎の部分を@に変更してメールして下さい)
ホームページ: http://www.parc-jp.org/video/index.html

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能