« 環境保全活動の活性化法策について(中間答申) | メイン | これからの環境教育・環境学習ー持続可能な社会をめざしてー »

環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律

No image

著者名: 環境省 総合環境政策局環境教育推進室
発行日: 2004.1
分類: 政府・関係機関報告書等


種類: 冊子
対象年齢:
キーワード:


登録日: 2006/3/22
機関名: 環境省
担当部署: 総合環境政策局環境教育推進室
電話番号: 03-3581-3351(代表)

目次

目 次
○環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律
  (平成15年法律第130号)
 ■法律の概要と背景 1
 ■法律概要 3
 ■法律条文 5
○人材認定等事業に係る登録に関する省令
  (平成16年文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省令第1号)
 ■人材認定等事業についての事業登録制度の概要 13
 ■省令条文 15
 ■法律と省令の対照表 21
○環境保全の意欲の増進及び環境教育の推進に関する基本的な方針
 (平成16年9月24日閣議決定)
 ■基本方針のポイント 29
 ■基本方針の構造 31
 ■基本方針本文
はじめに 33
1 環境保全の意欲の増進及び環境教育の推進に関する基本的な事項 34
(1)私たちの目指す持続可能な社会と環境の保全 34
(2)取組の基本的な方向 35
 ヾ超保全の意欲の増進についての取組の方向 35
  ア 地球温暖化問題等の課題に自ら進んで取り組むことの重要性 35
  イ あらゆる主体に取組が広がっていくことの重要性 35
  ウ 社会、地域、家庭における環境保全の意欲の増進を進める環境の整備 36
 ◆ヾ超教育の推進方策についての取組の方向 37
  ア 環境教育の目指す人間像 37
  イ 環境教育の内容 37
2 環境保全の意欲の増進及び環境教育の推進に関し政府が実施すべき施策に関する基本的な方針 38
(1)環境保全の意欲の増進、環境教育の推進に当たっての基本的な考え方 39
  ヾ超保全の意欲の増進、環境教育に関する考え方 39
  ア 国民、民間団体、事業者等との連携 39
  イ 自発的な意思の尊重 39
  ウ 適切な役割分担 39
  工 参加と協力 40
  オ 公正性、透明性の確保 40
  力 継続的な取組 40
  キ 自然環境をはぐくみ、維持管理することの重要性への理解 40
  ク 様々な公益への配慮 40
 ◆ヾ超教育の推進方策に関する考え方 41
  ア 環境教育を進める手法の考え方 41
  イ 環境教育を進めるための施策の考え方 41
(2)環境保全の意欲の増進、環境教育の推進のための施策 42
ヽ惺察地域、社会等幅広い場における環境教育 42
  ア 学校における環境教育 42
  イ 学校の教職員の資質の向上 43
  ウ 社会等幅広い場における環境教育の推進 43
エ 人材の育成・活用 44
オ プログラムの整備 45
カ 情報の提供 45
キ 各主体の連携 46
ク 環境教育の更なる改善に向けた調査研究 46
⊃場における環境保全の意欲の増進及び環境教育 46
  ア 環境に関する研修等の充実 47
  イ 環境に関するボランティア活動の促進 47
  ウ 情報の提供、表彰 48
  人材育成、人材認定事業の登録及び情報提供 48
  ア 民間団体、事業者等の人材育成、人材認定事業の登録制度 48
  イ 人材育成、人材認定事業に関する情報提供等 48
 ぁゝ鯏正’柔鞍 48
  ア 政府の拠点機能整備 48
  イ 地方公共団体の拠点機能整備に対する支援 49
 ァ々駝院¬唄崔賃痢∋業者による土地等の提供に対する支援 49
 Τ銅臑隆屬力携、協働の在り方の周知 50
 Ь霾鵑寮儷謀公表 51
  ア 政府の保有する情報の積極的公表 51
  イ 公表された情報の収集、整理及び分析並びにその結果の提供 51
 ┨餾歸な視点での取組
  ア 国際的な動きを踏まえた国内での対応 52
  イ 国際社会との協力 52
3 その他の重要事項 53
(1)各主体間の連携、協力 53
 \府と国民、民間団体、事業者との連携、協力 53
 ◆\府と地方公共団体との連携強化 53
4愀孤楙覆力携強化 54
(2)法の施行状況についての検討、見直しの準備 54

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能