« Past, Present, and Future: Reorientation of Environmental Education Practices towards ESD in the Asia- Pacific | メイン | 里地セミナー レポート集 »

21世紀の持続可能社会 里地里山をデザインする

著者名: 里地ネットワーク
発行日: 2002.3
分類: シンポジウム・講演会・イベント等の記録


種類:
対象年齢: 大学生/教員/一般向け
キーワード: 環境保全活動/自然環境

: 日本 ; ページ: 81 ;

登録日: 2007/5/2
機関名: 里地ネットワーク
電話番号: 03-5404-4846
FAX: 03-5404-4847
E-mail: tayori◎satochi.net (◎の部分を@に変更してメールして下さい)
ホームページ: http://satochi.net/

目次

■主催者ご挨拶/(財)イオン環境財団理事長 岡田卓也 4
■開催地ご挨拶/千葉県知事 堂本暁子 4
■開催地ご挨拶/印西市長 海老原栄 5

(ビジュアルプレゼンテーション)
■ゼロエミッションの地域づくり 地域内循環システムから持続可能社会をデザインする6 京都大学大学院環境地球工学研究科教授 内藤正明
■農村振興と環境との調和 13
 農林水産省 農村振興局資源課室長 富田友幸
■生物多様性に富んだ里地里山づくり 17
 環境省 自然環境局自然環境計画課 植田明浩
■近自然工法の思想と技術 石を組み風と水が自然を蘇らせる 21
 西日本科学技術研究所所長 福留脩文
■食文化から見つめ直す農業 地域内自給、学校給食から見つめ直す地域政策 27
 農林中金総合研究所研究員 根岸久子
■市民参加の里山保全 32
 神奈川県自然環境保全センター 中川重年
■自然エネルギーを活かす里づくり 太陽熱、太陽光、風力、木質、畜産バイオマスの活 用 39
 小川町自然エネルギー学校 桜井薫
■交流と学習から生まれる地域シナリオ 外部参入者、新たなる担い手、集落計画、地域 ピジョン 44
 集落デザイン研究者 河原利和

(ディスカッション)
■ディスカッション「21世紀の里地里山をデザインする」 51
地球環境、生態学、民族学、工学、土木、林学、社会学の実践専門家が、
その枠を越え21世紀の持続可能社会を提起する
大島康行/内藤正明/福留脩文/根岸久子/中川重年/桜井薫/河原利和

第1回〜19回活動概要紹介 56

里地里山をどう保全するか〜持続可能社会の行方〜 82
    (雑誌『かんきょう』2002年4月号里地特集より)

レビューを書く

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://elfe.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/opac/mt-tb.cgi/13928

レビューあり ... レビューあり
内容表示あり ... 内容表示あり
貸出可能 ... 貸出可能